手相の基本掌線

手相の見方ー先読みのできる開拓者の相(知能線に上向きの支線)

手相の見方ー先読みのできる開拓者の相(知能線に上向きの支線)

知能線(頭脳線)上に短い上向の支線が
複数本でているのは、時代の先読みができる相です。

丁度、知能線のアンテナのように支線が
働くのかもしれないですね。

これからの流行等、常に何手も先を読む能力の
高い人です。

新しいものをつくる、
新しい境地を開くなど積極性にも富み
開拓者の相ともいえます。

ただ、あまりにも先読みがすぎて、
周りの人には理解されなかったり、
ついてこれなかったりということも
あります。

そういった場合は、事がおさまり、
後々になってからようやく評価される、
ということもしばしばあるようですね。

Return Top