手相の基本掌線

手相の見方ー生命線の基本的な意味について

手相の見方ー生命線の基本的な意味について

生命線は、親指とひとさし指の間を起点として、
親指の付け根を囲うように刻まれる太目の線です。

ほとんどの人が生まれながらに持っている線で、
感情線・知能線とともに3大線のひとつとされています。

この生命線は、生命力と肉体の変化(体質・病気・怪我・事故)を
示し、その時期も同時に示す線といわれています。

東洋手相術でもこの線は『地紋』と呼ばれ、同じように、
寿命の長短や、健康状態を示す線としてみます。

また、西洋手相術では、この生命線の後半部分は、
住居について示すことがあるという読み方をしますが、
東洋手相術でも後半部分は住居について示すとされていています。

病気の時期や内容を示すのは、自身の肉体内の出来事なので、
脳がそれをかんち感知して手相として示すというのは
なんとなくわかる気がしますが、
事故や怪我といった突発的で外的要因の大きい出来事も、
その線上に示すというのがなんとも神秘的な現象で、
やはりどこかに『運命』という青地図の存在を感じさせます。

また、こうした肉体の変化だけでなく、
結婚や恋愛状況なども示すことがありますので、
これもまた不思議なことかと感じます。

この生命線の形状はわりと大きく上図の3つに分類されます。

①のように、親指のつけねを綺麗に囲っているのは
一般に長寿の相といわれています。

②のように、親指のつけねを囲いきらず、
手首の中央近くまでで終わっているものは、
短命ではないのですが、強靭な健康状態ではないことを示します。

なお、生命線は生活習慣などによって、
結構頻繁に変化する線です。

生命線上に出るいろいろな紋や印もそうですが、
その長さも長くなることが多々あります。

③のように、生命線が小指側のほうに流れているのは、
ひとところにおちついていられない相です。
日々にいろいろな変化を求める傾向が強い人の相です。
この相の意味を考えると、その後半が、
住居について示すといわれているのもうなづけますね。

Return Top