気づきのメモ

私たちにはジャジメントする能力はない。あるのはただ創造力だけ。

私たちにはジャジメントする能力はない。あるのはただ創造力だけ。

表題の一文は今日たまたまひらいた本にあった1行。

私たちすべてはソースの中でひとつかもしれないけど、
この世界においては、だれもがオリジナル。
全てにおいてユニーク。
全く同じものは存在しえない。

だからこそ同じ思考、同じ思想も
たとえ共感共鳴することはあったとしても
全く同じことではない。

さらにいえば。

わたしたちが1秒間にあびせられる情報は莫大であり
にもかかわらず、私たちが認識できるのは
本当にわずかな情報量にすぎない。

たとえていうなら、1秒間にあびせられる情報は
サハラ砂漠全ての砂であり
私たちが受け取った(実は私たちがより好んで手にした)情報は
その砂粒1つぶ程度だという。

そんなにも違いのある私達が
そんなにもわずかな情報しか受け取れないのに
さて、私たちは何かを正しいという判断や
何かが誤っているという審判を下す能力が
あるというのでしょうか?

そうした不毛に近いことに
力をそそぐよりも、
世界を創造する能力(想像=創造)、
これこそ私たちにあたえられた力なのだから
そこに力を注ぐことをおろそかにしてはいけないと
思いませんか?

今日はあなたが創造した1日になっていましたか?

⇒ 『運命だった』という言葉の使い方、知っていますか?

Return Top