気づきのメモ

豊かになるのには、お金を好きになるのではなく、お金でできる価値とそれができる自分を好きになること

豊かになるのには、お金を好きになるのではなく、お金でできる価値とそれができる自分を好きになること

お金持ちになるには

「お金を大好きになりましょう」

と書いてあったりします。

手元にある本には

「頬ずりしたくなるほど好きになるように」

ってありました。

本当でしょうか?

確かに潜在意識で「お金」を嫌っていたら
嫌いな「お金」を寄せ付けないかもしれませんね。

また、

・お金は汚いものだ
・お金を持つのは罪だ

という意識があっても
「お金」を寄せ付けない可能性は高そうです。

そういう価値観をもっていると
人は価値観に背いて生きるのは難しいからです。

だからといって、

・お金を何をおいても大好きだ
・お金が頬ずりするほど可愛い

というのも行き過ぎですね。

お金は前提条件を持った紙や金属類でしかありません。
嫌いになったり、罪悪感を持つ必要はありませんが
必要以上に大好きになったり、果ては執着したりするものでもありません。

お金そのものが大好きになると
お金を使って手放すことがストレスになり
不必要に溜め込んでしまったりしがちです。

これでは、お金本来の役割は果たせません。
そして循環できない状態になっていきます。
循環しないものは澱みを生みます。

また、お金自体が大好きすぎると、
溜め込んだ上にそれを
失うのを恐れるようになりがちです。

すると、この宇宙の法則、

― 全ては波でできていて、感情すら波となって宇宙に放たれる。
  その波は似た波を現実として引き寄せてしまうという法則― 

によってその心情に似た現実を引き寄せるわけですから、
その不安の感情は「無くしてしまう」現実を引き寄せてしまいがちです。

もしくは、不安の感情がストレスとなってそのストレスの原因となった
お金を自ら手放してしまうのです。

事故を起こして高額な修理代が・・・
急にあれこれ壊れだして出費がかさんだ・・・
詐欺にあってしまった・・・
本当に欲しいわけではないのに必要でもないのに高額なものを購入してしまった・・・

と、いやおうなしに手放してしまわざるを得ない現実がやってきがちです。

もしくは、本来もっと豊かな経験をするためにこの世界に生まれてきたのに、
それらの経験をすることもせずただ、お金を貯め込んでしまうと
その執着を放させるために、
わざわざ手放さざるをえない状況を
宇宙の計らいで作られるのかもしれません。

豊かになるのは、自らが豊かな経験をすることです。

お金を貯め込むことが豊かなことではないはずです。

経験という宝物はあたなの魂に記録され、
またDNAレベルで記録され、
この宇宙に、そして脈々と続く子孫、
あるいはあなたの未来世、または過去世にまで
影響を及ぼす記憶になります。

この世を去るときに唯一もっていくことのできる
宝物といえます。

豊かになるのには、
お金自体を好きになるのではく、
そうしたお金でできる価値を好きになり、
またそれができる自分を好きになりましょう。

花を花屋さんで買うのなら
その花がもたらす豊かさを味わう経験ができますね。

と同時にその花屋さんはお花と交換したお金で食事をするのかもしれません。

生活の1部となって活かされることでしょう。
そこにまた豊かさの連鎖ができますね。

豊かさの経験とその連鎖をもたらす自分が好きになれば
あなたはますますそうした豊かさに価値を感じるようになるでしょう。

人は価値観にそむいて生きるのが難しいのですから、
あなたは豊かに生きるしかなくなるのです。

⇒ そして、私たちが持ってる能力とは?

Return Top