気づきのメモ

自分が幸せであるとはどういう状態か知らない

自分が幸せであるとはどういう状態か知らない

幸せというものを漠然と捕らえてしまうと
青い鳥を求めるようなもので
どこにも見つからないのかもしれません。

考えてみると、何を幸せと感じるかは
あなたとわたしでは実はかなり違うかもしれない。

というか違うと考えるのが今のところ正解に近いかと思う。

その理由は、あなたと私では思考が違うからです。
そうであれば、幸せの探し方は自分にしかできないということになります。

にもかかわらず、どういう状態が幸せなのか。
これを認識できないでいると、その状態になる選択をするのが
一気に難しくなるのではないか。

そこでどういう状態が幸せであるかを考えるということも
大事かと思います。

あらゆる状況にあって、普遍的に幸せを感じる状況とは
どういうことかを考えますと、
ほとんどは自らの価値観に沿って満足できる結果を得られたとき
ではないかなと思います。

であれば、その価値観がどういうものであるか
ということが幸せであることへの鍵になるかと思います。

Return Top