開運と自己実現の探求

開運のためにー吉方位を活用。5.各星が持つ効果や象意など

開運のためにー吉方位を活用。5.各星が持つ効果や象意など

九星気学で吉方位をとると
効果の現れ方が星同士の関係で異なるとはいえ、
全体的な運が向上します。

凶方位をとるとこれもまた、
全体的な運が下がっていきます。

その上で、それぞれの方位、
またはそれぞれの方位を定位置とする星がめぐる方位には、
特定の方向性を持ちます。

これを象意(しょうい)と呼びます。

九星気学を実践されている方の中には
特定の効果を求めて同じ星・方位を狙って実践される方も
いらっしゃるようです。

ですが、実際方位をとっていけば実感しますが
「吉方位ってめちゃ少ない!」
わけです。

なので、タイミングがあってとれるようであれば
あまり象意(しょうい)にこだわらず
吉方位をとっていくのがよいのじゃないかと思います。

最初に書いたように、全体を底上げしていくのが
大きな効果ですので、機会を逃さず
底上げしていくほうが結果として早く望みを叶えるのじゃないかと
思います。


方位 九星 吉方位の時 凶方位の時
一白水星の廻る方位 健康運UP
 ・内臓系
 ・血液系(冷え性・貧血)
子宝運UP
親子関係の改善
集中力UP
内臓系・血液系の病気になる
不妊症
親子の関係の悪化
集中力と知識の吸収力が低下
隠しごとがばれる
水難事故に遭いやすくなる
東北 八白土星の廻る方位 不動産運UP
貯蓄運UP
健康運UP
 ・悪性の病気回復
親族の関係改善
遺産相続が有利になる
不動産に縁がなくなる
親族の関係が悪化
貯蓄を使い果たす
悪性の病気
相続問題において不利
風邪を引きやすくなる
三碧木星の廻る方位 新規創設がうまくいく
語学力、情報収集能力UP
新しい出会い
活発になる
物事のスタートで問題発生
新しいチャレンジの失敗
言葉・情報に疎くなる
噂話のたねにされる
だまされやすくなる
異性との出会いの機会が減る
内向的な性格になる
東南 四緑木星が廻る方位 発展運UP
 ・人間関係(友人から恋人等) ・事業・商売の拡大
人脈が増える
人間関係が円満になる
直感が冴える
女性としての運気を高める
恋人と別れやすくなる
結婚前にトラブルが起こる
契約ごとでトラブル
人間関係が悪化
孤立しやすくなる
女性らしさが失われる
事業・商売に失敗しやすい
勝負事に敗れやすくなる
九紫火星が廻る方位 隠れている才能の発掘
企画能力UP
頭の回転が速くなる
判断力が増す
ダイエットの効果をUP
女性は容姿端麗
将来の目標発見
本来の能力が発揮されない
企画力低下
判断力低下
女性の外見的な美しさが失われる
ダイエットを失敗しやすい
裁判・訴訟などの問題発生
離婚や離縁などの問題発生

西南 二黒土星が廻る方位 忍耐力UP
堅実性が身につく
健康運UP
・精神的な病気の回復
家庭運UP
嫁姑の関係改善
上司・部下に恵まれる
忍耐力がなくなる
精神面での病気
家庭的な優しさが失われる
嫁姑の関係が悪化
部下や上司との関係が悪化
保守的でケチになる
西 七赤金星が廻る方位 金運UP
事業運UP
自分の好きなものを発見発掘
異性との交流が活発
集団行動をとる
金運停滞
事業・商売停滞
異性に溺れてしまう
性格が派手で大雑把になる
集団で行動できない
余計な一言が原因で失敗する
西北 六白金星の廻る方位 名誉・名声・地位などを得る
良い就職先
志望校に合格
自分の才能を活かせる
男性としての運気UP

名誉・名声・地位の失墜
就職に恵まれない
受験に失敗
男性としての運気が低下する

⇒ 開運とはどういうこと?

※撮影は佐野ちゃん、新名神で見た日輪。

Return Top