太陽線

手相の見方ー親の七光りを活用できる相

手相の見方ー親の七光りを活用できる相

前出の『手相の見方ー遺産相続で財を成す相(財運線)』と
非常に似た相ですが、こちらは出発点は同じ、
生命線の下方部内側から出発しますが、
その向かう先は薬指になります。

つまりこの線は太陽線になります。

この場合も親や親族からの支援や援助を示しますが、
太陽線の特徴でもある、
『信頼』『人気』『人脈』、そして場合によったら『不動産』
といったものを受け取る
七光り運というべき強運な相です。

七光りというと、少しネガティブな響きがありますが、
こうしたものを受け取ることも
もって生まれた運であり、才能の1つでもあります。

堂々と受け取り、またそのことに感謝して、
孝行を心がけるとより運気は向上します。

この生命線の下部エリアは
両親や身内を示すエリアでもあるので、
ここから出発する線を持っているということは
それだけでも、縁が深いといえます。

その向かう先によって意味合いは変わりますが、
いずれの場合も、両親や身内からの
影響が大きいものになるようですね。

そういった影響を踏まえて、
『手相の見方ー生命線の内側から上る太陽線は修行をすれば磨かれて大成する吉相』
も併せてお読みいただければと思います。

Return Top