手相の補助線

手相の見方ー財運線が示す、しっかり倹約家の相

手相の見方ー財運線が示す、しっかり倹約家の相

財運線が小指の下、水星丘の中央を
強くまっすぐに伸びる人は、
すでに大金を貯めているか、
もしくは大金を貯める人です。

貯蓄能力が高いというか
貯めること自体が好きな人が多いですね。

しっかりと倹約できる人です。

リメイクも好きで、包装紙や箱なども
とっておいて有効活用できる生活力も高い人が多いです。

長くなればよりこの傾向が強いのですが、
倹約も行き過ぎるとケチと周りに思われてしまうほどに。
これはこれで妬みという念を受けてしまうので、
障りがでやすくなります。

もっと行き過ぎると、貯めることが目的になってしまい、
使わずに亡くなる・・・というのも。

流れがとまると何事も滞り、どうしても因果が重なり、
そうして残された財は争いの種にもなりかねません。

お金は使ってこそその意味を成しますので、
バランスが大事ですね。

水星丘は頭の良さや
コミュニケーション能力の高さも示す場所でもあり、
その意味合いも線には含まれるはずですので、
その部分も生かし、
生きたお金の使い方もしていくと、
結局はより流れがよくなり、
愛されながらお金が溜まっていくようになると思います。

⇒ この相ももってるならさらに金運は強烈に。

Return Top