愛情深い手相

手相の見方ー感情線の末端が複数枝分かれしているのは愛情の範囲の広い人

手相の見方ー感情線の末端が複数枝分かれしているのは愛情の範囲の広い人

感情線の末端、つまり人差し指方向のにむかって枝分かれしているのは、
注がれる愛情の範囲が広がっていることを示しています。

この広がり具合、色の濃さでその範囲がわかり、
広がれば広がるほど広範囲に、博愛傾向が増し、
色が濃いほど愛情深くなる傾向になります。

その末端が、人差し指にまで届くほどの場合は、
非常に情熱的になっていきますし、
これが中指したあたりまでの場合は、
細やかな心配りができるにもかかわらず、
表に出しにくいのでわかってもらいづらく、
時に気疲れしてしまうことも。

親切でやさしく、協調性があり、面倒見のよい人です。
また、相手の長所を見つけるプロでもあるので、
幼児教育や、接客、人と人との間をとりもつお仕事にむいています。

この相の人は結婚をしてからも、
お仕事や社会活動を続けるほうがイキイキと
輝いていける人が多いですね。

ただ、博愛傾向で異性を含めて誰にでもやさしいところが、
パートナーに浮気を誤解されがちですので、
そこは少し配慮が必要かもしれませんね。

⇒ その上この相を持っているなら抜群のサポート力を発揮して愛されます

Return Top