ソロモンの環

手相の見方ーソロモンの環(木星環)は知恵と指導力の印。

手相の見方ーソロモンの環(木星環)は知恵と指導力の印。

人差し指の付け根をぐるり弧と囲う
木星丘に出た環を、
ソロモンの環(木星環)と呼びます。

木星丘は、以前の記事に書きましたが、
この丘は全能の神ゼウス(ジュピター)が司る丘で、
強運・自信・独立心・管理能力・指導力・権力志向
を示します。

惑星環は各丘の象意をより強く示すもので、
この木星丘に出た環は、
上記に書いた『強運・自信・独立心・管理能力・指導力・権力志向』
といった能力に秀でていることを示します。

そのことを特に象徴的に示すのように、
この木星丘には特に古代イスラエルの王、
「ソロモン」の名が冠せられています。

ゼウスにソロモン、ほんと強力なパワーを示しますね。
占星術においても木星は幸運・発展・繁栄を象徴します。

ソロモンの環(木星環)はこうした実務的な能力だけでなく、
洞察力・直観力に優れていますので、
相手の人間性や思考を
一瞬で見抜く能力も持つといわれています。

一説では動植物とも意思疎通できるとも。

いずれにしても、成功を約束されたような、
強運・成功運のある相ですね。

⇒ さらにこの線があると最強です

Return Top