仏眼相(仏心紋)

手相の見方ー仏眼相(仏心紋)も強運の持ち主。そして意外な才能の持ち主とも。

手相の見方ー仏眼相(仏心紋)も強運の持ち主。そして意外な才能の持ち主とも。

親指の第関節の2本の筋が、
うっすらとあいた目のように見えるものを
仏眼相もしくは仏心紋と呼び、
ご先祖様からの守護があつく、
また直観力の強いことを示す相と呼ばれています。

こちらのように、二重になっている人もいます。
より、仏眼相(仏心紋)の持つパワーを強くします。
手相・物眼相・仏心紋・二重になっている

この仏眼相(仏心紋)はご先祖様に守られていると同時に、
見守られていることによって、
悪いことが出来ないとも言われています。

直観力の中でも、とくに予知能力的なものが強く、
結果として自身がイメージしたものを
引き寄せやすいので、
この相を持っている人は、
自身の未来像や、要求に対して、
望むことに特に気をつけておくのも肝心かもしれませんね。

そのためにも、普段より『足らず』に意識をおくのではなく、
『充足』を数え、『幸せ』であることを見つけるようにしておくのも
よいかと思います。

そうした感情と意識が『充足(豊かさ)』と『幸せ』をさらに
引き寄せてくるからです。

言ってみれば、『引き寄せの法則』は、
物質的な引き寄せよりも、
感情のエネルギーに反応して、
その状況を引き寄せてくるほうが
はるかに強く働きますので、
『幸せだな』『満ち足りてるな』『恵まれているな』
という感情がまた、そう感じられる現象を引き寄せるという形になります。

この仏眼相(仏心紋)を持つ人は特にそのパワーが強く働く傾向にあるので、
うまくそのパワーを使いこなすのも大事ですね。

もうひとつの意外な才能

仏眼相(仏心紋)の持つ人のもうひとつの意外な才能として、
あることに特化した記憶力が抜群によい、
ということがあります。

暗記力がある、というのとは少し違い、
意図せずともあることだけはなぜか記憶が良い、
というものです。

例えば、人の顔を覚えるのがとても早い、
あるシーンの記憶が映画を見るように覚えている、
電話番号だけは即覚えることができてしまう・・・

という感じですね。
実際は、人は全ての経験を記憶しているのだけど、
取り出す鍵をすぐに失ってしまうのだ、
とも言われていますので、
この仏眼相(仏心紋)を持つ人は記憶を取り出す鍵を
沢山もっている人なのかもしれませんね。

その記憶をたくみに生かして、
自身のほしい未来への行動をシミュレーションさせ、
より精度高く実現させている・・・
なんてことも少し思ったりします。

ちなみに、
・仏眼相(仏心紋)
神秘十字
木星環(ソロモンの環・直観力が強い)
・小指が短い(感性豊かでスピリチュアルな才能を持つ)
知能線(頭脳線)が月丘に向かう
直感線を持つといった手相を複数持つ人は
人はかなりの霊感体質だといわれています。

⇒ こういう感受性の感度の高い方はこの開運方法が効果が出やすいです。

Return Top