月読みのタロット

タロット―女帝の持つ豊かさと生命力に感じ入る

タロット―女帝の持つ豊かさと生命力に感じ入る

女帝タロットカードにおいて、
その配色自体も重要な意味をもつ。

ウェイト版の「女帝」のカードでは、
空は太陽の黄金色に染められ、
足元の麦の穂も黄金色に実り、
それらは豊かさで囲まれていることを示す。

ゆったりと柔らかい椅子に腰掛けた女帝の横には、
金星のマークをもつ竪琴が置かれている。
言うまでも無く、金星は愛の星、美の星として知られており、
このカードの持つ意味の一端を担っている。

女教皇では女性器の象徴である「ザクロ」の絵が描かれた布が
その神殿の内幕として掲げられていたが、
この女帝においては、ゆったりとしたドレス生地として
直接身につけられている。
ちなにみこのドレスは、マタニティドレス。
愛情の豊かさ、子を慈しむ心、母性もそこにはこめられている。

これは女帝がその女性としてのシンボルを神聖視しているのに対し、
女帝ではそれを身につけることで、女性としての
実際的な機能(母性を含む)、女性原理を示していると考えられる。

カードの並びが、「2.女教皇」から「3.女帝」へと移ろうのは、
少女から母性への移ろいもそこに示されている。

そして周りの景色にも注目すると、
非常に自然豊かなことが見てとれ、
自然への憧れ、そして、
母になった彼女の生命への賛辞も感じられる。

ただ、彼女が普通の女性とは違い、
「女帝」たるゆえんは、
その右手に掲げた権威を示す錫杖と、
星型のキンバイカの金冠が象徴する。
その星型のキンバイカは全部12個あり、
これは12星座を表し・・・つまりは宇宙の中心に、
自身がいるということの現われといえる。

非常に「愛」に満ちた、そして「豊かさ」にあふれたカードといえる。

マイルセイユ版になるとガラリと様相が異なる。

マルセイユ版女帝
見るからに「女王」という風貌。
右手に持った竪琴には王家の紋章を、
そして権威を示す錫杖。

服装も王族の権威を現している。

いわゆる「女帝」として一般にイメージする図柄となっており、
ウェイト版のもつカバラ要素はまったく無い。

なので、どうしてもこのカードでの結果と、
ウェトイ版での結果では読み方が異なるというのが、
本当に顕著に出てしまう。

けれどもそこには共通の愛の象徴がある

それは、それぞれの女帝の向き。
ウェイト版は体ごと右側をむいた形で腰掛け、
自然とその目線はゆるやかに右側を見るようになっている。

そしてマルセイユ版は体は正面をむいてはいるが、
その目線はやはり右側にある。

タロットカードにおいては、その目線も重要な象徴となり、
このように右側をみつめるのは、
『親しい相手・家族・友人』を見ているとされている。

また、もう少し象徴的なものとしては、
そこに「未来」を見ているととれる。

女性が生命を生み出すという事柄と、
その女性性をそこにも見ることができる。

私は展開の中にこの女帝を見ると、
女帝の持つ豊かさと生命力に感じ入る。
そして、このカードの存在に感謝する読み方になることが
多いのもこのカードの魅力だと思う。

⇒ 手相で言えばこういう相を持つ女性です

Return Top