手相の補助線

手相の見方ー結婚線に出るトラブルの相

前記事で離婚の相について書きましたが、
ほかにも結婚線に出るトラブルを示す相はあります。

結婚線といっても、実際の結婚の有無は関係無く、
内縁であったり、同棲生活であっても
あてはまります。

結婚線に島ができる場合

結婚線に島ができる場合は、
パートナーとの間に不満が潜在している相です。
結婚線に島

上図のようにこの島を乗り越えて、
線がまだ平行になっているような場合は、
その不満は表面化せず、
問題にならずにやり過ごせる可能性が高いです。

ですが。
結婚線の島紋。離婚に至る場合。

このように、島の先の結婚線が垂れ下がり、
感情線にぶつかるほどまでになると、
その不満が爆発してしまい、
場合によっては離婚に至ります。

島をみつけたら、
自身の気持ちを観察して、
爆発する前に、
話し合うなどの対応が必要かもしれませんね。

結婚線の先が房のようになる

結婚線の先が房のようになるのは、
愛情の疲れを表します。
結婚線の先が房になる

相手に対する愛情の疲れが出てしまい、
意欲も感興もわかなくなってしまった状態です。

ただ、この相はわりと変化しやすく、
何かのきっかけで関係性が改善されると、
解消されることが多いのです。

結婚線の下部に細く短い線が多数出る

結婚線の下部に細く短い線が多数出るのは、
配偶者の弱さを表します。
結婚線の下部に複数の線

配偶者が経済面・健康面・精神面などで弱い場合、
本人がそのために苦労している状況を表しています。

結婚線に☓や*の印がでる

結婚線に☓や*の印がでるのは、
相手が不貞を働いている(浮気している)
という相です。
結婚線に☓や*は相手が浮気。
そのため、トラブルにいたってしまうという相。

結婚線が鎖型になっている

結婚線が鎖型になっているのは、
相手に不満をもってしまうという相。
結婚線・鎖型
本人の心がけ次第で、
いくらでも改善できる相ともいえます。

⇒ こちらも結婚運で要注意な隠し切れない相

Return Top